家庭菜園の魅力

私が家庭菜園を始めたきっかけは、本当にちょっとしたことでした。

 

雑誌の記事で簡単にできる、よく使う野菜を収穫して得しようなどといった記事に惹かれたからです。

 

簡単でお得なら自分も始めたいと思いました。

 

とりたての野菜、自分で作った野菜ならおいしいだろうし、子供にもいい影響を与えそうだと思いました。

 

まずは本当に初心者なので、作りやすいといわれるミニトマト、ハーブ、サニーレタスを植えてみました。

 

プランターを購入し、土はいろいろ混ぜると書いてあったのですがなかなか難しそうだったので、野菜の土、ハーブの土と書いてある簡単なものを使い、あとは害虫用の薬と、途中で栄養をあげる液肥を買いました。

 

植え方にも色々とあることも知ったし、育てるものによってつく害虫も違うこともわかりなかなか勉強になることばかりです。

 

 

たくさん作るには時間がかかりそうなので、今回はこの3つでしたが、ハーブはあっという間に育ってなかなか簡単でした。虫もつきにくいので助かりました。

 

葉物とトマトは虫が気になったので、かなりこまめに手入れを施しました。収穫のころには見事に大粒のトマトがなり、トマトらしい味でおいしかったです。

 

梅雨時期に肥料を与えたのが良かったみたいです。これは私の父の情報です。

 

これからだんだんと他の野菜を増やす予定です。

 

家庭にも還元できて、子供と一緒に育てることで子供もよく食べる、まさに一石二鳥です。